スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコたんについて。

たった数日ですが、にゃんこさんの妹として我が家にやって来たネコたん。
ノミと耳ダニだらけでしたが、人懐っこくて、とってもカワイイ子でした。



でも。我が家に来て早々、生まれて初めての獣医さん体験をしたり、
にゃんこさんに威嚇されまくったりして、
なかなか我が家の環境に馴染めず、体調を崩して飼い主さんの元へ帰りました。



それでも、2ヶ月後には我が家へまた戻ってくることになっていたので、
にゃんこさんと一緒にネコたんの帰りを楽しみに待っていたのですが…。
なんとネコたんがウィルス性の病気に感染していることが判明し、
にゃんこさんにも感染の危険があるということで、
悩みに悩んだ末、ネコたんを再度引き取ることを断念しました…。



実は、この話は先月末に決まっていたことなのですが、
どうしてもBlogに書く気になれませんでした。
しかし。この度、別の飼い主さんから新しい子猫ちゃんを譲っていただくことが決まり、
自分自身の気持ちの整理もついたので、今日のBlogで報告します。



…たった数日とはいえ、ネコたんは確かに我が家の一員だったので、
ネコたんが病気になったと伝えられたとき、激しく胸が痛みました。
ネコたんのことを思えば、あたしが引き取る方がいいのかもしれません。
ですが、我が家には先住猫のにゃんこもいるワケで、
にゃんこの健康に危険を及ぼす可能性があることは、
飼い主として避けなければならない責任もあるのです。
…結局、このことについて何が最善であったのか、今でも分かりません。
正直、今もやりきれなさが胸に残っています。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。